形成外科

形成外科は、顔や皮膚表面のけがや変形による患者さんの悩みを改善し、生活の質の向上や早期社会復帰を目指している外科です。対象とする疾患は以下のようなものです。近隣の大学病院と連携することで、適切な治療を提供しています。

  • 赤ちゃんの生まれつきの病気
    唇裂・口蓋裂、顔面の異常、頭の骨の形の異常
    小耳症、副耳、折れ耳、袋耳(埋没耳)などの耳介の異常
  • 顔面の変形
    顎変形症
    癌の手術後の変形
  • まぶたの下垂
  • 指などの変形
    合指(趾)症、多指(趾)症、などの生まれつきの異常、
    まきづめ
  • 顔面の外傷
    顔面の骨折(鼻の骨折、頬骨の骨折、眼のまわりの骨折、あごの骨の骨折)
    顔面のけがの縫合や処置
  • 腫瘍
    全身の皮膚などの良性腫瘍、悪性腫瘍(できもの)
  • 母斑(あざ)、血管腫
  • 瘢痕(拘縮)・ケロイドなど:熱傷や外傷による瘢痕(きずあと)、ケロイド手術による傷の変形やひきつれ

医師紹介

赤松 正
東海大学医学部形成外科准教授

専門分野
顎顔面外科、口唇口蓋裂、小児の先天異常
所属学会
日本形成外科学会評議員、日本口蓋裂学会
日本頭蓋顎顔面外科学会評議員、シュミレーション外科学会
非常勤医師
火曜日午前の診療を担当

花井 潮
東海大学

所属学会
日本形成外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会
日本口蓋裂学会、日本臨床皮膚外科学会
非常勤医師
金曜日午前午後の診療を担当

上森 友樹

非常勤医師
月曜日午前・午後の診療を担当

坂本 瞳

非常勤医師
火曜日午後の診療を担当

外来診察担当表

このページ先頭に戻る