副院長よりご挨拶

当院の立地する綾瀬市内には、病院と言われる医療機関が2施設しか残っておらず、その一つを私どもの綾瀬厚生病院が担っています。 取り巻く環境の厳しさの中、近隣の病院や開業医の先生方と協力しながら、綾瀬市や隣接する医療圏の皆様の医療需要に応えるべく、研鑽努力を続けています。また、救急医療についても、市内に唯一残された二次救急病院として、限られた体力ではありますが、救急輪番を担っています。まずは、地域医療の観点からできる限り幅広い診療科目を確保し、高度な治療が可能な大学病院をはじめとした三次救急病院のご協力も得ながら、地域の皆様の安心を担保して行きたいと考えています。また地域の皆様や協力施設のニーズの強い医療保険療養病床の継続も図っています。

診療補助部門管理責任者  相澤 智史

次に急性期には必須となっているMRIは市内では当院にのみ設置されている状況であり、他の輪番病院と連携をとりながら広く地域住民の皆さんの健康と安心に貢献できることを願っております。

診療補助部門管理責任者  相澤 智史

診療補助部門一覧

リハビリテーション部門

薬剤部門

検査部門

放射線部門

栄養部門

  • 看護部
  • 医療相談室
  • 事務部

このページ先頭に戻る