薬剤部門

我々薬剤師は薬の専門化という立場から調剤業務や医薬品の管理業務を行い、他の医療スタッフと連携を取りながら、チーム医療の一員という自覚を持ち患者様が安心して治療を受けられるよう努めております。

また、院内の事故対策や感染対策といった医療安全管理においても活動の中心的な役割を担い日々業務を行っております。

お薬のことで気になることがあれば我々に何でもご相談ください!

業務紹介

調剤業務

調剤室では主に医師からの処方箋をもとに入院患者様のお薬の調剤を行っております。我々薬剤師の中心的な業務である調剤ですが、医師の指示通り調剤を行うのが業務ではなく、薬剤師の立場からお薬の種類、分量、使い方、飲み合わせなどに問題はないかということをチェックしています。万が一処方に疑問を感じたときは必ず処方した医師に直接確認をし調剤を行っております。また、個々の患者様の状態に合わせ必要時には錠剤を粉砕し粉薬としたり、患者様が服用しやすいように用法ごとに一包化したりと調剤上の工夫をしています。 

注射せん業務

入院患者様の点滴の調剤を注射せんに基づき調剤しています。内服の調剤同様使い方や分量は当然のことながら、配合変化などの化学的な観点からも留意し業務を行っております。また、当院では病棟担当者が病棟にて調剤を行うことにより病棟の在庫管理や品質管理も行っております。

病棟業務

病棟に担当薬剤師を配置し、入院患者様の状態を把握した上でお薬に関する服用方法や使用方法の説明をベットサイドにて行っております。患者様の中には当院以外のお薬(持参薬)を使用している方も多く、そちらも合わせて薬物療法が適正に行われるよう努めております。また、患者様に説明時に気づいた副作用や相談内容などの治療上の情報を、医師や看護師にフィードバックし、チーム医療の一員となり患者様の治療に携わっております。

医薬品管理業務

病院内で使用する医薬品の払い出し・購入・在庫管理を行っております。過剰在庫を防ぎなおかつ診断や治療上必要な医薬品の安定供給といった重要な役割です。
また、各部署に払い出された医薬品を毎月チェックし期限切れの医薬品が患者様に使用されないように有効期限管理を行っております。

医薬品情報管理業務

日々改定される膨大な医薬品の情報を医師や看護師などの医療スタッフに加工し提供しております。薬事審議会の資料の作成や院内医薬品集の作成と他の医療スタッフへの配布、また病院職員に対し医薬品に関する研修会の実施などを行っております。

製剤業務

医薬品として販売はされていないものですが、治療上有益であると認められている製剤を医師と協議の上で調製し、患者様の治療に役立てております。

製薬会社の方へ

当院にて採用薬以外のMR活動を行う際は「新薬宣伝依頼書」をご記入の上、理事長にご提出ください。
薬事審議会に申請の際は薬剤科に「新規薬剤採用申請書」と製品情報概要をご提出ください。

このページ先頭に戻る